ご要望を受け付けて記事を作成しています!【ここを開く】

【Power Automate】Yammerで投稿された内容を自動でExcelに保存する方法!新規投稿かコメントも区別

この記事は約3分で読めます。

Yammerにアップされた投稿をExcelファイルに自動で転記するフローを作成しましたので解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

フロー概要

フロー解説

【グループに新しいメッセージがある場合】

Yammerより指定したコミュニティに投稿があるとフローを開始します。

グループID コミュニティのIDを設定
ネットワークID ユーザーを選択

【ユーザー情報を取得する】

【グループに新しいメッセージがある場合】で取得した投稿のユーザー情報を詳しく取得します。
【グループに新しいメッセージがある場合】では、メールアドレスしか取得できません。

ユーザー情報 【グループに新しいメッセージがある場合】
メッセージ送信者

【タイムゾーンの変換】

Power Platformでは基本的には協定世界時分でデータのやり取りを行っております。
そのため、日本の標準時刻に直し、Excelで日時で絞込などをできるように変換を行います。

基準時間 【グループに新しいメッセージがある場合】
メッセージ作成日時
書式設定文字列 汎用の完全な日時パターン – 2009年6月15日(月) 午後8:45:30[U]
変換元のタイムゾーン (UTC)協定世界時
変換先のタイムゾーン (UTC+09:00)大阪、札幌、東京

投稿種類を格納【初期化】

後述の投稿種類を格納するための変数を入れられるようにします。

名前 type
種類 文字列

返信IDを格納【初期化】

後述の投稿または返信の区別をするために確認をします。

メッセージ返信IDとは?
Yammerで新規投稿にはこのIDは発行されません。
新規投稿に対して、返信(コメント)をした場合にIDが発行されるため、新規投稿または返信(コメント)を区別することができます。
名前 request
種類 文字列
【グループに新しいメッセージがある場合】
メッセージ返信ID

【ユーザープロフィールの取得(V2)】

Office ユーザー情報を取得することで、メールアドレスから氏名や所属名などユーザーに対する情報を詳細に取得します。

ユーザー(UPN) 【ユーザー情報を取得する】
ユーザー電子メール

【条件】

変数requestに値が空白の場合は「true」空白ではない場合は「false」を出力します。
この場合では、変数request空白の場合「はいに移動」空白ではない場合は「いいえに移動」します。

これで新規投稿か、返信(コメント)なのかを区別しています。

empty(variables(‘request’))
次に等しい true

はいの場合>変数に新規投稿を代入【変数の設定】

変数typeに「新規投稿」という文字列を挿入します。

名前 type
新規投稿

いいえの場合>変数に返信を代入【変数の設定】

変数typeに「返信」という文字列を挿入します。

名前 type
返信

【表に行を追加】

指定したExcelファイルにフローで取得した情報を転記させます。

場所 (Excelの保存先やテーブルを選択)
ドキュメントライブラリ
ファイル
テーブル
(テーブル列名) (転記内容を選択)
プロフィール
この記事を書いた人
ぱか

現在鉄道会社で勤めています。
小学2年生でパソコンに出会いそれから自作パソコンの組み立てやサーバーの運用など独学で遊んでました!

現在は車掌として仕事しています。
さらに、職場のMicrosoft365活用を推進する取り組みも行っておりその情報をこの「ビジOffice」でも展開しております!

ぱかをフォローする
Power AutomateYammer
スポンサーリンク
このページを共有する
ビジOffice

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました