ご要望を受け付けて記事を作成しています!【ここを開く】

【OneNote】共有用のノートブックの作り方!作成したノートブックの共有方法もご紹介!

この記事は約2分で読めます。

とても便利なノート作成アプリケーションの「OneNote」の共有方法のご紹介です。

議事録や自分のメモ帳としても活用できるOneNoteは最近はとても利用頻度が高くなっています。

スポンサーリンク

共有の種類

この記事で紹介する共有方法は3つです。

新規作成 SharePointから作成 新規作成する場合は一番最速で共有可能です。
すでに作成してある OneNoteのファイルを移動 SharePointサイトのメンバーに一気に共有する場合は有効です。
SharePointサイトがない場合はこの方法は使用できません。
OneNoteのファイルのリンクを共有 SharePointサイトがない場合や、メールなどで部外者に共有したい場合など、上記の方法が使えない時に有効です。

新規作成する場合

SharePointから作成

SharePointから作成することで一番早くノートブックを共有することができます。

しかし、すでに作成されているノートブックを共有することはできません。
新規作成する場合のみこの方法が利用できます!

作成したいSharePointページに移動

「ドキュメント」をクリック

「新規」をクリックし、「OneNoteノートブック」をクリック

保存先を選ぶにはフォルダ内に移動し、「新規」をクリックしてください。
今回はドキュメントライブラリ内に保存します。

ノートブックの名前を入力し、「作成」をクリック

作成されたノートブックが表示される

すでにあるOneNoteノートブックを共有する場合

OneNoteのファイルを移動

OneNoteにアクセスする

保存先をクリック

OneDriveの保存先に移動

「:」をクリックし、「移動」をクリック

クイックアクセスまたはその他の場所から保存先のSharePointサイトを選び、「移動」をクリック

クイックアクセスに保存したいSharePointサイトが表示されない場合は、その他の場所をクリックしてください。

フォルダ内に保存する際は、SharePointサイトを選んだ後に選択してください。

OneNoteノートブックのリンクを共有

OneNoteノートブックを開く

「共有」をクリックし、「共有」をクリック

 

共有範囲を設定し、「コピー」をクリック

URLが発行される

プロフィール
この記事を書いた人
ぱか

現在鉄道会社で勤めています。
小学2年生でパソコンに出会いそれから自作パソコンの組み立てやサーバーの運用など独学で遊んでました!

現在は車掌として仕事しています。
さらに、職場のMicrosoft365活用を推進する取り組みも行っておりその情報をこの「ビジOffice」でも展開しております!

ぱかをフォローする
OneNote
スポンサーリンク
このページを共有する
ビジOffice

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました