ご要望を受け付けて記事を作成しています!【ここを開く】

【SharePoint】ファイルのアップロードやリンクの設定方法を徹底解説

この記事は約2分で読めます。

WordファイルやExcelファイルなどをSharePointのサイトページにアップロードやリンクする方法とWebページなどのURLのリンクする方法をご紹介します。

SharePointでファイルのアップロードやリンク設定する場合は必ず画面が統一されており上の画面が表示されます。

スポンサーリンク

どんな時にこれが出てくる?

URLの設定(変更)しようとするとき

「変更」をクリックすると表示されます。

画像をアップロード(変更)しようとするとき

「画像を参照」をクリックすると表示されます。

SharePointでリンクする項目

最近使ったファイル

その名の通り、最近表示、使用したサイトページやファイルが表示され、それらにリンクすることができます。

ストック画像

ストック画像とは、Microsoft公式のフリー画像のことを示します。
私用・商用での利用も可能で、個人的な資料からビジネスの場まで多くの場所で使用できます。

Web検索

Bing画像検索を行い使用したい画像をアップロードしてくれます。
ストック画像と違い、著作権や使用権などすべて画像の発信元にあります。
商用で利用するときは気を付けましょう。
検索エンジンの画像検索ですので、多くの画像を見つけることができます。

OneDrive

自分のOneDriveから直接リンクすることができます。

サイト

現在表示しているSharePointのサイトページやサイトページ内に保存しているファイルをリンクすることができます。

アップロード

パソコン上に保存しているファイルをアップロードし、リンクすることができます。

リンク可能ファイル

【SharePoint】SharePointにアップロード可能ファイル一覧はこちら!
SharePointにアップロードできるファイルの拡張子の一覧にまとめました。 アップロードできるものでも表示や編集機能まで対応していないものもあります。 サイトページをカスタマイズする拡張子や、メンテナンス時などに使用する...

※画像ファイルのアップロードをする場面では、画像に関係する拡張子のみ利用可能です。

リンクから

直接URLを入力し、リンクすることができます。

リンク可能URL

・https:// (SSL)
・http:// (非SSL)
・mailto: (メールリンク)

プロフィール
この記事を書いた人
ぱか

現在鉄道会社で勤めています。
小学2年生でパソコンに出会いそれから自作パソコンの組み立てやサーバーの運用など独学で遊んでました!

現在は車掌として仕事しています。
さらに、職場のMicrosoft365活用を推進する取り組みも行っておりその情報をこの「ビジOffice」でも展開しております!

ぱかをフォローする
SharePoint
スポンサーリンク
このページを共有する
ビジOffice

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました