【Power Apps】PDFビューアーでSharePointのPDFを閲覧する方法

Power Appsの「PDFビュアー(試験段階)」を使用したSharePointのPDFファイルの閲覧方法をご紹介します。

完成アプリ

SharePointの準備

ドキュメントライブラリ

作成しなくても問題ありません。
ですが、現状ギャラリーで表示できるフォルダーパスの指定ができないため、別途ドキュメントライブラリを作成し、区別することでギャラリーをすっきりできます。

「新規」→「ドキュメントライブラリ」をクリック

ドキュメントライブラリの名前を入力→「作成」をクリック
作成したドキュメントライブラリにPDFを格納

Power Automateの準備

フロー名

PowerAppsPDF

フロー概要

Power Apps(V2)

Power Appsから値を受け取れるアクションです。
V1V2がありますが、今回はV2を使用します。

作成(既定値)(既定値)

ファイルコンテンツの取得

ファイルデータの受け渡しで必要な情報を取得します。
ファイル識別子はPower Appsより受け取った値を使用します。

サイトのアドレス(ドキュメントライブラリを選択)
ファイル識別子【Power Apps(V2)】
入力

作成

Base64にエンコードすることでPower AppsのPDFビューアーでPDFファイルを参照できるようになります。

入力 dataUri(base64ToBinary(body(‘ファイル_コンテンツの取得’)?[‘$content’]))

Power AppsまたはFlowに応答する

Power Appsに値を受け渡すアクションです。

テキストResult【作成】
出力

Power Appsの準備

パーツの階層

App Screen1 ラベル タイトル
 ボタン 更新ボタン
 PDFビューアー
(試験段階)
PDFビューアー
 垂直ギャラリー 一覧表示
 図形
(四角)
タイトル_背景

Screen1

ボタン~更新ボタン~

【OnSelect】

Refresh(PDF保管場所)

PDFビューアー(試験段階)

【Document】

varDocumentCurrent

垂直ギャラリー

【OnSelect】

Set(varDocumentCurrent, PowerAppsPDF.Run(一覧表示.Selected.識別子).result)

垂直ギャラリー内のボタン【OnSelect】

Select(Parent)

参考サイト

コメント