ご要望を受け付けて記事を作成しています!【ここを開く】

【OneDrive・SharePoint】OneDrive・SharePointの関係性を紹介!どんな場面で使えるの?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

OneDrive・SharePointの関係性

OneDriveは個人の保存先、SharePointはグループ(複数人)の保存先、Teamsはグループ(複数人)でやり取りするツールとしてMicrosoft365アプリでは使われます。

SharePointはグループ(複数人)の保存先として使われるため、Teamsとは関係性が深いです。
Teamsはあくまでもチャットやなにかを共有するための表示するだけのアプリケーションで保存領域がありません。
そのためTeamsはSharePointとリンクし、保存先としてSharePointを使用しています。

OneDriveを使う場面は?

個人・グループ共通
・ファイル管理(新規作成・編集・削除)
・ファイル検索
グループの保存先は「SharePoint」ですが、ファイル管理を行うのは「OneDrive」のほうが適しています。

SharePointを使う場面は?

グループ
・社内ポータルサイトの運営
詳しくは下記のページをご覧ください。
【SharePoint】SharePointとは?グループウェアってそもそもなに?
Microsoft365を契約していると使用できるSharePointですが、実際になにをするものなのでしょうか? よく言われているのが、 社内ポータルサイトの作成・運用 ドキュメント管理(ファイル管理) ワ...
プロフィール
この記事を書いた人
ぱか

現在鉄道会社で勤めています。
小学2年生でパソコンに出会いそれから自作パソコンの組み立てやサーバーの運用など独学で遊んでました!

現在は車掌として仕事しています。
さらに、職場のMicrosoft365活用を推進する取り組みも行っておりその情報をこの「ビジOffice」でも展開しております!

ぱかをフォローする
OneDriveSharePointTeams
スポンサーリンク
このページを共有する
ビジOffice

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました