ご要望を受け付けて記事を作成しています!【ここを開く】

【SharePoint】Webパーツ「埋め込み」

この記事は約1分で読めます。

スポンサーリンク

Webパーツ「埋め込み」とは?

<iframe>タグで区切られた外部のWebページのパーツを表示することができます。
例としてYouTubeを埋め込んでおります。

用途

外部Webページとの連携
Youtubeなどの外部ツールの表示

プロパティ一覧

表の説明

設定項目名 設定方法 説明
実際のページに表示されている名称 ボタンの種類 設定行なうことでの変化や機能を説明しています。

プロパティ

Web サイトのアドレスまたは埋め込みコード テキストボックス 埋め込みに表示させたいコンテンツの<iframe>タグを入力する

https://~から始まるWebサイトのコンテンツに限ります。

ページに合わせてサイズ変更 ON/OFF レシポンシブ対応にできます。
ページの幅に合わせて、拡大縮小を自動で行います。
プロフィール
この記事を書いた人
ぱか

現在鉄道会社で勤めています。
小学2年生でパソコンに出会いそれから自作パソコンの組み立てやサーバーの運用など独学で遊んでました!

現在は車掌として仕事しています。
さらに、職場のMicrosoft365活用を推進する取り組みも行っておりその情報をこの「ビジOffice」でも展開しております!

ぱかをフォローする
SharePoint
スポンサーリンク
このページを共有する
ビジOffice

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました